電車広告とは

中吊り広告

電車広告とは、電車の乗降客に訴求する広告です。
ビジネス層をターゲットとした経済雑誌の広告や女性ファッション誌、沿線レジャー施設等の広告に多く利用されています。
近年は幅広い世代が外出するようになり、世代を問わずアプローチする広告が増えています。

電車広告の特徴

出入り口 壁

【メリット】
①乗降客が一定時間とどまる環境に露出されるため強制視認力が高い。
②反復して接触するため情報の刷り込みが効果的に行える。
③乗降客にダイレクトに訴求できるため直接購買に繋がる確立が高い。
④地域沿線でのブランディング効果が高い。
⑤週刊誌など最新の情報を得るメディアとしても乗降客から注目されている為、トレンド情報の発信力になる。

【デメリット】
①閉ざされた空間内に様々な広告がひとならびに掲載されるため、デザインやレイアウトを工夫して他社と差別化を図る必要がある。
②交通広告の中では高額の部類に入る。
③公共交通機関への掲出となるため、デザイン審査に時間を要する場合がある。また、一部業種は掲出不可となる場合がある。

広告の種類

▽中吊り
中吊り 車内の中央部分に吊るされ、乗降客が習慣的に情報摂取を行う即効性の高い媒体です。掲出サイクルが短く、タイムリーな訴求を要する出版・流通業界や新発売・新登場告知に最適です。
また、イベントやキャンペーンでのご利用もおすすめで、「駅貼りポスター」などの駅広告とメディアミックスする事で訴求力UPも期待出来る媒体です。
▽まど上
まど上 窓・ドアの上部分に掲出され、掲出サイクルが比較的長く、反復訴求効果の高い媒体です。路線を絞って掲出することもでき、地域ごとにターゲットを絞って効率良く訴求できます。
立っている乗客の視線に対して上部にあるため、自然と詳細な情報まで読んでしまう媒体です。
▽ドア横
ドア横 乗降ドアの両サイドに人の目線と同じ位置に掲出されるため、自然に目に入りやすく注目率の高い花形媒体です。車両形式によって設置されてない電鉄・車両もあります。中吊り・まど上広告に比べると掲出可能枠数が少なく、申込競争率の高い媒体です。
デザインのクオリティも高くアピールできる媒体です。電鉄によっては、複数セットで掲出が可能なためストーリー性のある広告展開も出来ます。
▽ステッカー
ステッカー ドア横・ドアガラス面・ドア上部など、人の目線に近い位置に掲出されるため、小さいサイズながら乗降客の目に止まりやすい媒体です。また、掲出サイクルが比較的長いため、反復訴求効果が見込め、深いブランド浸透が可能です。
またPOPとしての機能も備えているため店舗や売店への誘導力も強く、リーセンシー効果の高い媒体です。
▽広告貸切電車
広告貸切電車 1編成の車内全ての媒体を独占できるメディアジャック型媒体です。インパクトが強いだけでなく、理解浸透効果、販売促進効果も見込め、話題性が高いため企業のイメージアップに効果的です。
また複数デザインの掲出が可能な特徴を活かし、広告にストーリー性を持たせたり、ゲーム要素を盛り込むなどクオリティを重視したご展開が可能なのも魅力です。
▽ドア上
ドア上 乗降ドアの上部に掲出される媒体ですが、現在は媒体そのものが減りつつあります。掲出サイクルは比較的長く反復訴求効果の高い媒体です。
また、横長の広告面を活かしたデザインや目を引くキャッチコピーによる イメージ訴求でのご利用が目立ちます。
▽車体広告
車体広告 車体の一部にシートを貼り込む媒体です。乗降客や駅利用者・沿線生活者に強いインパクトを与えることができます。
ユニークなデザインや目を引くビジュアルでの展開が多く、 ホーム上の人々の注目を集める効果は抜群です。扉部分をメインに利用するため車両に乗り込む利用者と必ず接触をする事と なります。車内ジャックと合わせる事で商品・サービスのイメージから 内容認知まで狙う事か可能です。
▽つり革広告
つり革広告 つり革部分に掲出される媒体で、存在感・臨場感があり商品イメージを強く訴求できる効果があります。連なって広告が掲出されるため、アイキャッチ効果も高く乗降客の印象に残りやすい媒体です。
車内広告では比較的小さい媒体ですが ボックス形の広告面を商品パッケージにみたてたり つり革に「捕まる」という車内特有のシチュエーションを 活かした個性的な広告が多くみられます。
お見積もりお問い合わせご質問等はこちら

電車広告事例

ここでは、今まで私達が行ってきた電車広告の様々な納品事例をご紹介いたします。

ツインステッカー

まど上

中吊り広告1

中吊り広告2

中吊り広告3

出入り口

壁1

壁2

その他の交通広告
駅広告 バス広告 タクシー広告

TO PAGE TOP

  • 会社概要
  • Q&A
  • リンク・サイトマップ
  • お問い合わせ